無職が消費者金融のキャッシング審査に通るための方法

「無職だがお金を借りたい」

「無職でも審査が通る金融機関があると聞いたことがある」

このような不安や疑問を持っている人は少なくありません。

結論から言うと無職の場合は融資が通る可能性は原則ありません

反面、一般的に無職と言われている方でもお金を借りる方法がいくつか存在します。

このからくりを理解すると、無職の人もお金を借りられる可能性もあります。

この記事では、皆さんの疑問を解決するために

・無職の人が審査に通らない理由と通るための方法
・おすすめの消費者金融5選
・審査に落ちた場合の対処法

以上の内容を中心に紹介していきます。

この記事を読めば「無職が消費者金融のキャッシング審査に通るための方法」について分かると思いますので、ぜひ最後まで読んでみて下さい

無職の人がキャッシングの審査に通らない理由

無職の人がキャッシングの審査に通らない理由は「収入が無い」ためです。

お金を借りるには、少なくとも元金と金利を返済できるだけの収入が無ければいけません。信用情報に傷がついていなくても、返済する能力が無ければお金は貸せないという訳です。

多くの銀行や消費者金融などの金融機関が、審査申込の条件を「安定した収入」としています。これは審査の可否を判断するものではなく、申込ができるかどうかの基準です。

収入が無い場合は審査すらしてくれません。

ちなみに、「安定した収入」の目安として、毎月5万円以上の給与収入がある程度だと考えておくと良いでしょう。

借入するには収入が重要

消費者金融などの貸金業者は貸金業法という法律の下営業を行っています。

貸金業法には総量規制という制度があります。総量規制は消費者保護のために作られた規制で、「個人の借入総額が年収の3分の1」に収まるようになっています。

年収÷3-借入総額=借入可能額
あわせて読みたい

「年収以上の借入があり、何とか一本にまとめたい・・」 「借入金額が多くなって、審査に全然通らなくなった」 このような不安や疑問を持っている人は少なくありません。 結論から言いますと、借入が多くなることで総量規制により審査に[…]

無職の人が審査に通るためには

無職の人が自力で融資を組みたいと思った時にはどうすれば良いでしょうか。

以下にいくつか解決法を紹介します。

・アルバイトやパートを始める
・自営業を始める
・保証人や担保を付ける

アルバイト・パートを始める

一番簡単で一番確実な方法は「収入を得る」ことです。アルバイトやパートに就き、収入を得ることで借入出来ます。

最初は少額での融資となりますが、信用を少しずつ積み上げていけば借入可能額も増えていきます。

また、アルバイトやパートの場合は見込の年収で対応してくれるローン会社も多いので、就職さえ決まってしまえばローンの申込をすることも可能(前年年収欄には見込みの年収を入力)です。

もちろん勤続年数が増えれば増えるほど審査が有利に進みます。

お金を借りるには何よりもまず「安定して収入を得る」ことが最重要なのです。

自営業を始める

アルバイトや正社員などと違い、雇われることなく自営業者になるのも一つの方法です。

例えば以下の場合は収入があると判断されやすいです。

・クラウドワークスやランサーズで毎月安定して収益を上げる
・アフィリエイトなどで毎月安定して収益を上げる
・家賃収入が毎月安定して入る
・投資などで毎月安定して収益を上げる

ここで重要になってくるのが「毎月安定して収益をあげる」という事です。これらの収入も一回限りでは申込条件である「安定した収入がある」状態とは言えません。

また、自営業の場合は一般の雇用契約とは違い「確実に所得が確保できる」とは限りません。働かないことも可能ですし、事業が失敗する可能性もあります。

そういったリスクを回避するために審査基準として「最低一年の勤続年数」をボーダーラインにしている場合が多いです。

つまり「通期での確定申告」があるかどうかが重要になってくる訳です。通期での確定申告があれば、一年でどのくらいの事業収入と所得があるか判断ができます。

そのため、自営業の場合審査の条件として

・一年以上の勤続年数
・確定申告書の提出

以上の条件が求められる可能性があります。

カードローン会社によって差がありますが、特に銀行カードローンなどはそういった制約が出やすいので注意が必要です。

担保や保証人を付ける

あまりオーソドックスな手段とは言えませんが、不動産を所有している場合や、保証人をつけられる場合などはローンを組むことが可能の場合があります。

ただし、無職は基本的に借入不可能です。就職はしていないけれど収入がある場合などは担保や保証人次第で借入が可能になる場合があります。

融資する側としては「確実に貸出金を回収できる先」に融資をしたいのが本心です。

万が一回収ができなくなった時には、何かしらを回収して資金の返済に充てたいと考えます。その際融資の担保になるのが不動産や保証人です。

借りた本人が返せなくなった時に不動産を回収できる、または保証人が代わって返済してくれる条件であれば、融資をしてくれるケースもあります。

安定した収入とは言えない例

以下の5つは安定した収入とは言えません。

・ギャンブル収入
・生活保護給付
・助成金、補助金
・失業保険など
・仕送り

ギャンブルで収入などを元に審査を申込しようとしている方は注意が必要です。

安定した収入とは、毎月確実に収入があることです。確実な収入があれば、アルバイトやパートでも審査をしてくれる金融機関は数多く存在します。まずは仕事を見つけることが大切です。

無職(学生)の場合

無職と言っても「学生」の場合は取扱いが変わってきます。

学生ローンは利用限度額が10万円までという制約があるものの、多くの金融機関が取扱いをしているためお金は借りやすいでしょう。

特に消費者金融などは学生融資にも積極的なので、初めての申込は大手の消費者金融を選ぶのが良いでしょう。

セントラル
4.6

<<創業40年を超える安心と実績の「セントラル」>>

セントラルのおすすめポイント!

1.WEB申込で当日最短融資!

2.全国どこからでの申し込みでも対応可能!

3.全国のセブン銀行ATM提携!全国どこでも便利に借入!

4.利用が初めての人は最大30日間金利0円!

5.昭和48年創業の老舗の貸金業で実績もあり安心!

利用限度額

1万円~300万円

金利(実質年率)

4.80%~18.00%

審査時間

最短即日

融資スピード

最短即日

無利息期間

30日間

WEB申し込み

可能

無職(主婦(夫))の場合

学生と同様に、無職と言っても「主婦」の場合は取扱いが変わってきます。

主婦(夫)の場合は、配偶者の収入で判断される場合が多いため、自分は働いていなくてもローンを作ることが出来ます。

世帯収入がある程度あって安定している方は、申込をしてみてはいかがでしょうか。

無職であることを偽って審査に申込む

無職であることを偽ってローンを申込すること出来ます。しかし、虚偽の申告をしても必ずばれますので、絶対にしないようにしましょう。

どんな融資であっても申込をすると「在籍確認」が行われます。在籍確認とは、申告された勤務先に実際に勤務しているのかを確かめることであり、ほとんどが電話によって行われます

電話をかけた際に在籍の確認を取れなかった場合は審査に通りません。明らかに悪意を持って虚偽申告をしているとばれた場合はブラックリストに登録され、今後の借入が出来なくなります。

なお、アリバイ会社などを利用して在籍確認や源泉徴収票などの提出書類を偽造した場合は「詐欺罪」として刑事罰を受ける可能性がありますので絶対にやめましょう。

消費者金融の方が審査の融通が効く

審査基準が一番厳しいのがメガバンクや地銀で、審査の際に申込人の状況や希望に対してある程度融通を利いてくれるのが消費者金融など、かつてサラ金と呼ばれた金融機関です。

ひと昔前は高い金利を取っていた過去があるため、現在でもイメージがあまり良くありませんが、利息制限法の改正後はほとんどの金融機関で上限金利が18.0%に設定されたため、今では心配することなくローンを組むことが出来ます。

審査結果の連絡も銀行と比べ物にならない程早く、オペレーターの数も多いので一人ひとりにきちんと対応してくれます。審査に不安がある人ほど、消費者金融での申込をおすすめします。

アロー
4.1

<<必要なときに、必要なお金を、必要な人にがモットー>>

アローのおすすめポイント!

1.無担保かつスピーディーな使途自由ローン!

2.来店不要で手間いらず!

3.WEB申込で24時間全国受付!

4.独自審査!過去に自己破産・債務整理された方も相談可能!

5.他社で落ちた人も諦めずにアローに相談!

利用限度額

1万円~200万円

金利(実質年率)

15.00%~19.94%

審査時間

最短45分

融資スピード

最短即日

無利息期間

なし

WEB申し込み

可能

ユニーファイナンス
4.3

<<昭和46年創業!安心して利用できる消費者金融>>

ユニーファイナンスのおすすめポイント!

1.WEBから申し込み。コンビニ契約で来店不要、最短即日融資!

2.無理のない返済プランを提案!

3.プロミスATMと提携しており、借入・返済も全国対応可能!

4.柔軟審査!過去の債務整理、他社審査落でも成約実績あり!

5.安定した収入がある人は誰でも簡単に申し込みOK!

利用限度額

1万円~300万円

金利(実質年率)

12.00%~17.95%

審査時間

最短即日

融資スピード

最短即日

無利息期間

なし

WEB申し込み

可能

プラン
4.0

<<全国どこからでも24時間ネットで申し込みから契約まで可能>>

プランのおすすめポイント!

1.来店不要で全国24時間365日審査受付!

2.最短即日ご融資可能!

3.担保・保証人は不要 !

4.月々2,000円からのご返済も可能!

5.梅田・難波2店舗で営業、ATMも完備!

利用限度額

1万円~50万円

金利(実質年率)

15.00%~20.00%

審査時間

最短即日

融資スピード

最短即日

無利息期間

なし

WEB申し込み

可能

フクホー
4.6

<<創業45年!キャッシング・消費者金融のフクホー>>

フクホーのおすすめポイント!

1.大手消費者金融と比較し審査を柔軟に対応!

2.電話、インターネットでの申込みで来店不要!

3.最短で即日対応も可能!

4.レディースキャッシング対応!女性も安心して利用可能!

5.インターネットで24時間・365日申込受付中!

利用限度額

5万円~200万円

金利(実質年率)

7.30%~20.00%

審査時間

最短即日

融資スピード

最短即日

無利息期間

なし

WEB申し込み

可能

銀行を選ぶならメインバンクで申込む

銀行ローンを組みたいのであれば、今お使いのメインバンクでローンの申込することをオススメします。

銀行ローンの審査には現在の取引の厚薄が審査を左右します。取引の厚薄を左右する可能性の高い項目は以下の通りです。

・給与振込
・定期預金
・定期積金
・保険契約
・個人向け国債契約
・投資信託
・住宅ローン
・各種クレジット契約
・自動振替

これらの内何かしら取引がある(または実績がある)と審査が有利に働く可能性が高いです。

銀行は融資基準が厳しいを思われがちですが、仮に現在無職であっても、就職先さえ決まってしまえば柔軟に対応してくれる金融機関が多いのも事実です。

信用金庫も検討してみる

信用金庫日本中ほとんどの地域に存在する地域金融機関です。

地域金融機関のため、全国からの申込には対応していませんが、地元に住んでいる人に対して寛容に対応してくれる場合が多いです。

今一度近くの信用金庫を調べて、そこで取扱いをしているカードローンなどを調べてみることをおすすめします。

クレジットのキャッシングという方法もある

どうしてもお金が必要でローンを申込んだけれども組めなったという人も少なからずいるのではないでしょうか。

そんな時は持っているクレジットカードのキャッシング機能を使うのも一つの手段です。

クレジットカードのキャッシング機能は利用限度額が少なく、金利は18.0%程度と高めですが、現在持っているクレジットにもともと付帯しているものであれば申込をする必要なく利用できます。

発行したけれど使っていないクレジットカードがあるという場合は、今一度そのカードの利用可能額を調べてみることをおすすめします。

まとめ

「無職が消費者金融のキャッシング審査に通るための方法」について解説しました

今回のポイントは

・無職ではお金を借りることは原則不可能。アルバイトやパート、就職内定者であれば貸してくれる金融機関もある
・中小消費者金融であれば、安定した収入があれば借入が出来る。
・「メインバンク」「信用金庫」も検討。どうしても今ずぐお金が必要ならクレジットのキャッシング機能を使う
でしたね。

無職では安定した収入がないため、借入をすることは原則不可能ですが、アルバイト等を始めれば借入可能な場合も多いので検討してみてはいかがでしょうか。

また、急で資金が必要な場合はお手持ちのクレジットカードを確認して、キャッシングをするのも一つの手段です。

融資を受けたいのであれば、無職のままでは審査に通りませんので、とにかく安定した収入を得られるようになることが一番大切です。

最新情報をチェックしよう!