個人間融資の闇?ひととき融資の実態について

皆さんは”ひととき融資”という言葉をご存じでしょうか。

個人間融資でひとときを共にすることです。つまり性行為を条件に貸付を行うことを指しています。

直接会わなくても、本人確認の後、性的な画像を送ることを条件として貸付を行う場合もあり、その画像を拡散されて犯罪に巻き込まれる事例も多くなってきています。

それでも、どうしてもお金が必要な場合”ひととき融資”に手を出してしまう方が多いようです。

そこで今回は、皆さんの疑問を解決するため

・個人間融資は闇金と同じ
・ひととき融資の実態
・ひととき融資の体験談

以上の内容を中心に紹介していきます。

この記事を読めば「個人間融資の闇?ひととき融資の実態について」について分かると思いますので、ぜひ最後まで読んでみて下さい。

個人間融資は闇金と同じ

「ちょっと財布を忘れたので、お金を貸して」と友達にお金を借りた、または貸した経験のある方は少なくないと思います。

それくらいであれば問題にはなりませんが、これを事業として、もっと言うと“お金儲け目的”で、お金の貸し出しを行う場合は「貸金業」としてみなされます。

そして貸金業を行う場合は、貸金業法をはじめとした貸金業に関わる法律を順守する必要があります。貸金業法によれば国や都道府県に事前に届け出る必要がありますので、無許可で個人間融資を事業として行うことは出来ません。

もし、そうした法律に従わず個人間融資を行った場合、違法なお金の貸し借り、つまり闇金」ということになってします。

ひととき融資などを求められることも

近年、新たな個人融資の形として問題になっている“ひととき融資”について皆さんはご存じですか。

ひととき融資は、利子(の一部)として、貸し手と“ひとときを過ごすこと”を条件とする個人間融資です。

“ひとときを過ごすこと”というと、ソフトに聞こえますが、要は性行為などはじめとした性的要求です。

TwitterやLINEなどのSNSを使って、貸し手と借り手が簡単に見つかる、という背景もあり、昨今、インターネット上で非常に広がっていると言われています。

しかし、裸や個人情報を特定できる画像の送付を要求されたり、あるいは、返済が遅れたことを理由に、性的行為を強要されるなど、犯罪やトラブルへと発展するケースが後を絶ちません。

画像がSNS上にアップされるリスク

ひととき融資の問題点は、個人情報、それも恥ずかしい裸や性的行為中の画像の流出のリスクが高いということです。

融資の前に、事前審査として、裸の画像や運転免許証の写真を送ってくるように求めてくる貸し手も多いです。

実際にインターネット上に公開されなくても、そうした画像が脅迫のネタになってしまい、苦しむ被害者も少なくありません。

借りられても数万円

いわゆるスカウトマンや、その他の犯罪集団が組織的に関わるようになり、“大金を貸し出して、借金漬けにした上で、風俗に落とす”という例もあるようです。

しかし、そうした例は非常に少数で、大半のひととき融資の貸し手は普通の会社員や自営業者です。大きな金額を借りるのは難しく、融資金額は数万円であることが多いです。

たった数万円の個人間融資のために、人生の重しを背負う必要はありません。絶対に、ひととき融資にだけは手を出してはいけません。

ひととき融資体験

実際に、ひととき融資を受けたことのある方から聞いた驚きの体験談も紹介します。

【貸し手男性がストーカー化】
あくまでひととき融資の条件として性的な行為を行っただけなのに、貸し手の男性に好意を持たれてしまい、付きまとわれるようになりました。
返済が完了し、本来ならもう連絡を取り合う必要もないのに、しつこくメッセージを送ってきました。無視していると、事前に送った運転免許証に住所が書いてあったので、自宅近くにも出没すようになり恐怖を感じました。
最終的には、信頼できる知人からお金を借りて引っ越しすることで、関係を清算することになりました。
被害者:20代後半、OL
【銀行口座を提供して検挙】
一か月で返せる予定で、ひととき融資で3万円を借りたものの、結局、返せなくなってしまいました。
性的行為を覚悟しましたが、相手から「性的行為の代わりに銀行口座を作って、その口座のキャッシュカードと通帳、そして暗証番号を教えてくれたら返済したことにしてあげる」と言われ、何も知らなかった私は、喜んで言われた通りにしてしまったのです。
すると、三か月くらいしてから、刑事さんが自宅にやってきて、「あなたの口座が振り込め詐欺に使われているので、事情を聴きたい」と。
結局私は、預貯金口座譲渡罪という罪で検挙され、家族にはひととき融資を利用したことがばれてしまい、とても後悔しました。
被害者:20代、学生

個人間融資は犯罪に巻き込まれることも

ひととき融資の体験談の一つとして、融資相手の言葉に従った結果検挙されてしまった学生の例を紹介しましたが、個人間融資で「借金を返済したことにしてあげる」という甘い言葉、あるいは「言う通りにしないと利子を上げるぞ」といった脅しに屈した結果、犯罪の片棒を担ぐことになってしまった人たちが後を絶ちません。

また、犯罪組織の中には、お金に困っている人のリストを作る目的で、個人間融資を行っていることもあります。

お金を持っていない人のリストなんか作ってどうするのだろう?と思うかもしれませんが、還付金詐欺や架空の投資話などはお金に困っている人をターゲットにした方が成約率が高くなる結果があるのです。

詐欺の成功率を上げるのに、過去に個人間融資を利用した人のリストは、犯罪組織にとって、非常に価値のある情報なのです。

まとめ

「個人間融資の闇?ひととき融資の実態について」について解説しました

今回のポイントは

・個人間融資は闇金と同じ。絶対に利用しない
・ひととき融資は性的な要求をされる他、脅しの材料としても使われる
・個人間融資で犯罪に巻き込まれることも少なくない

SNS上でひととき融資を行う投稿は後を絶ちません。

どうしてもお金が必要な時、正規の金融業者から借りれない、家族に相談できない、会社にも相談できない、そんな方が個人間融資に助けを求めてしまう傾向があります。

しかし、ひととき融資では性的な要求のみされて借りれなかった事例も多いため、おすすめできる方法とは言えません。

支払いがきつい方は、債務整理など法的に認められた方法で解決することをおすすめします。

最新情報をチェックしよう!

個人間融資の最新記事8件