ブラックリストでお金を借りられない場合の対処法

緊急でお金が必要だけれど、”ブラックリスト”でお金を借りれないという人は必見です。

お金を借りられない人は、まず”ブラックリスト”の意味を正しく理解しておくことが大切です。

ブラックリストという言葉は聞いたことがあっても、実際はどのような状態のことなのか理解している人は少ないのではないでしょうか。

”ブラックリスト”の意味をきちんと理解していれば、今後クレジットカードやカードローンの審査を申込みする時に不安が無くなります。

そこでこの記事では、皆さんの疑問を解決するため

・ブラックリストとはどのような状態か
・ブラックリストで審査が通らない場合の対処法
・ブラックリストから外れる方法

以上について紹介していきます。

この記事を読めば「ブラックリストで審査が通らない場合の対処法」について分かると思いますので、ぜひ最後まで読んでみて下さい。

ブラックリストって?

ブラックリストとは「個人信用情報」に傷がついている状態を指します。

私たちが銀行や消費者金融で審査を申込みしたり、クレジットカードの発行を申込みしたりする時に必ず照会される個人信用情報。

個人信用情報には「借入残高」「返済履歴」「申込履歴」「支払い遅延の有無」「延滞の有無」「債務整理情報」など借入に関する全ての情報が載っています。その情報が現在延滞していたり、債務整理中だったりすると傷がついてしまいます。

その情報に傷がついている状態を「ブラックリスト」と言います。

「遅延」と「延滞」の違い

遅延は「支払い日に遅れている状態」で、延滞は「2ヵ月を超える支払を遅延している状態」を指します。

つまり、1日や2日支払いに遅れただけで延滞にはなりません。延滞とは支払う能力が無いこと、または支払う意思がない状態をさしています。

ブラックリストを見分ける方法

実は、個人信用情報の見方や情報の判断は各金融機関に委ねられています。

例えば、数日の遅延や借入残高が多いだけでは、A社の審査が落ちてもB社の審査が通る可能性が十分考えられます。

どういうことかと言えば、個人信用情報に「この人はブラックリストです」と登録がされている訳ではないため、個人信用情報がどの程度悪化すれば審査に通らないか、というのは各金融機関の審査基準となっており、厳密にはブラックリストかどうかは分からないということです。

しかし、確実にブラックリストと言える状態があります。それは以下の何れかに該当する場合です。

【ブラックリストとなる事実】
・自己破産
・個人再生
・任意整理
・強制解約
・代位弁済
・貸倒れ
・延滞(2ヵ月を超える支払いの遅延)

これらは信用情報を著しく損なったとして個人信用情報上に「異動」または「延滞」として記載されます。

※異動とは、その借入状況に著しく問題が発生した時に記載されます。

実際「異動」「延滞」として記載されるので、誰が見ても信用情報が悪いと判断できます。

このような状態になっていれば、確実にブラックリストと言えるでしょう。

逆にそれ以外の状態は「異動」「延滞」のように記載することが出来ませんので、審査の可否判断は各金融機関に委ねられているということです。

ブラックリストになっていると審査に通らない

ブラックリストになると原則審査には通りません。

個人信用情報はどの金融機関に申込みしても、審査の際に確実に照会されます。つまり、A社で延滞しているからB社に申込しようとしても、審査には通りません。

B社もA社が記録した「異動」「延滞」の情報が照会できるので、情報が悪い人の審査を通すとは考えにくいからです。

しかし、先ほど紹介した「異動」「延滞」のように、ブラックリストと完全に言える状態以外の場合は、別に問題がある可能性が高いので、きちんと対策すれば審査に通ることも多いです。

ブラックリストで審査に通らない場合の対処法

ブラックリストで審査に通らず、お金を借りられない場合どうすれば良いのでしょうか。

どうしても今お金が必要で困っているという人も多いでしょう。

これから3つの方法を紹介しますのでぜひ参考にしてみて下さい。

対処法1 会社からお金を借りる

お勤めの会社で「従業員貸付制度」(社内貸付制度)を福利厚生の一環として取り入れている場合、会社からお金を借りられる可能性があります。

従業員貸付制度とは、社員が金銭トラブルに巻き込まれることを避けるために設けている制度であり、ここ数年この制度を採り入れている会社が増えてきました。

この従業員貸付制度を利用するためには一般的に借入条件があります。

【従業員貸付制度の対象者】
・病気、事故などによる入院費用
・地震、火災などによる修理、修繕費用
・身内の不幸などによる葬式費用
・空き巣、強盗に入られたことなどによる生活費用

原則、意図せぬ出来事から緊急でお金が必要になった場合に利用できる制度ですので、ギャンブルなどの資金には利用できません。

従業員貸付制度は、会社により対象者が違いますので、ご自身の会社の福利厚生規定などを確認してから申込するようにしましょう。

なお、従業員貸付制度は個人信用情報に照会しませんので、ブラックリストの人でもお金を借りることが可能です。

対処法2 生活サポート基金でお金を借りる

生活サポート基金とは、貸金業法に基づきお金に困っている人に資金を貸付や生活の相談をする一般社団法人です。

理念に賛同した会員が存在し、会員が出資をして、その出資金を原資に融資が可能となっています。

生活サポート基金は、生活再生ローンというローンを提供しており、債務整理などをしてブラックリストになって融資を受けられない人たちに対してお金を貸付け、生活の再生に取り組んでいる組織になっています。

生活再生ローンは以下の用途で利用できます。

【生活再生ローン利用用途】
・消費者金融からの借入金のおまとめ
・家賃、授業料、税金などの滞納分の貸付
・自己破産など債務整理して借入が出来ない方への貸付
・務整理終了後の生活再建のための貸付 一時的な生活資金の貸付
【生活再生ローンの利用条件】
・生活再生ローンを利用することで、文化的な日常生活の再築できる
・利用後、継続返済が可能な見込みがある
・融資の原資となっているサポート会員がいることを理解し、生活の再生、向上の意思がある

ブラックリストでお金に困っている方は、一度相談してみることをおすすめします。借金に対する悩みや不安の相談を親身になって聞いてくれます。

対処法その3 市役所でお金を借りる

生活福祉資金という名目で市役所でお金を借りることも可能です。

生活福祉資金について詳しく説明していきます。

【生活福祉資金の概要】

資金の種類 資金使途
総合支援資金 生活支援費 生活再建までに必要な資金
住居入居費 敷金礼金など住宅の賃貸契約に必要な資金
一時生活再建費 生活を再建するために、一時的かつ日常生活費では賄うことが困難な費用
福祉資金 福祉費 生業を営むために必要な資金、病気療養や住宅補修、福祉用具購入など
緊急小口資金 緊急かつ一時的に生活の維持が困難になった時の資金
教育支援資金 教育支援費 低所得者層の子供が修学に必要な資金
就学支援費 低所得者層の子供が進学や入学に必要な資金
不動産担保生活資金 不動産担保型生活資金 低所得者の高齢者世帯に対して一定の住居用不動産を担保に生活資金を貸付する資金
要保護世帯向け不動産担保生活資金 要介護の高齢者世帯に対して一定の住居用不動産を担保に生活資金を貸付する資金

なお、各市町村役場によって、生活福祉資金の内容が違いますので確認しておく必要があります。

市町村役場では生活困窮者に対する支援を行っていますので、ブラックリストの方は一度相談してみることをおすすめします。

ブラックリストから信用を回復する

ブラックリストから信用を回復するのが審査に通る一番の近道ですが、回復する方法はあるのでしょうか。

結論から言えば、ブラックリストから信用を回復するはあります。しかし、その情報が回復するには時間がかかります。

実は「異動」や「延滞」の情報は、記録できる日数が決まっており、それを超えて記録することが出来ません。つまり、その期間を過ぎてしまえば、情報は消える=ブラックリストから信用を回復できるのです。

では、どの程度で信用が回復できるのか確認していきましょう。

信用が回復するまで最低5年かかる

「異動」「延滞」情報は消えるまで最低5年かかります。

信用情報はCICやJICCなどの個人情報登録機関に登録されており、各機関によって記録期間が違いますので確認してみましょう。

【個人信用情報の保存期間】

CIC(信販会社) JICC(消費者金融) 全国銀行協会(銀行)
支払いに関する情報 契約期間中または契約終了後から5年 契約期間中または完済日から5年 契約期間中または契約終了後から5年
事実に関する情報(債務整理や強制解約) 「異動」登録の仕組みがなく、「延滞」として扱われる。 事実発生日(金融業者が受任通知を受け取った日)から5年を超えない期間。「異動」として登録される。 「異動」登録の仕組みがなく、長期の「延滞」として扱われる。

原則、債務整理から最低5年間は情報が消えませんので審査に通りません。

債務整理をした場合は、5年後に情報が消えてからローンやクレジットカードの申込みをするようにしましょう。

また、CIC、JICC、全国銀行協会はそれぞれ「信販会社系」「消費者金融系」「銀行系」と登録される金融機関が違い、情報の登録の仕方も違いますが、個人信用情報はそれぞれがCRINというシステムで共有できるようになっています。

仮に消費者金融でブラックリストになった場合であったも消費者金融のみならず、銀行や信販会社からも借入が出来なくなりますので注意が必要です。

なお、自己破産の場合は全国銀行協会のみ10年間を超えない範囲で保持されるので、最長10年間は借入が出来なくなります。

間違ってブラックリスト登録されている場合

個人信用情報は間違って登録されている場合もあります。

信用情報の登録及び抹消は各金融機関が行っていますので、消すのを忘れて残ったまま残るということが稀に起こります。

このような場合は、個人信用情報登録機関または登録している金融機関に直接問い合わせてみて下さい。間違った登録である場合は情報を消してくれます。

自分がブラックリストかどうか確かめる方法

CICやJICCなどに個人信用情報の開示を請求することで自分がブラックリストになっているか、間違って登録されていないかを確かめることができます。

開示手数料と本人確認書類があればネットで開示請求ができますので、審査に通らなかった場合などは一度確認してみることをおすすめします。

なお、開示請求は各ホームページ上で可能です。

CIC クレジットカードなど信販会社を利用している場合

JICC 消費者金融などから借入している場合

KSC 銀行などから借入している場合

まとめ

「ブラックリストでお金を借りられない場合の対処法」について解説しました

今回のポイントは

・ブラックリストでは審査に通らない
・ブラックリストがお金を借りるには「会社」「生活サポート基金」「市町村役場」に相談する
・ブラックリストの登録には期限があり、期限を超えるとブラックリストから信用を回復できる

ブラックリストになった場合、金融機関でお金を借りるのは難しいですが公的機関などで援助を受けることは可能です。

お金が無くて困っている方は、今回紹介した方法を試してみて下さい。

最新情報をチェックしよう!

個人信用情報の最新記事8件