クレジットカードのショッピング枠を現金化して逮捕された事例

皆さんはクレジットカードの現金化についてご存じでしょうか。

クレジットカードの現金化とは、通常買い物に使うクレジットカードのショッピング枠でキャッシングすることです。

ショッピング枠でキャッシングするなんて出来るの?と思う人も多いかもしれません。しかし、現実にショッピング枠を利用したクレジットカードの現金化というものが存在しているのです。

「実際にショッピング枠の現金化なんてして大丈夫なのか?」「何かしら法律に引っかかるのでは?」と思う人も多いでしょう。

そこで今回は、皆さんの疑問を解決するため

・クレジットカードの現金化は違法?
・クレジットカードの現金化して逮捕された事例
・クレジットカードの現金化とキャッシングについて

以上の内容を中心に紹介していきます。

この記事を読めば「クレジットカードのショッピング枠を現金化して逮捕された事例」について分かると思いますので、ぜひ最後まで読んでみて下さい。

クレジットカードを現金化するのは違法?

クレジットカードを現金化するのは違法なのでしょうか。

結論から申しますと、違法ではありません。違法ではありませんが、かなりグレーです。

やらないに越したことはありません。

そもそもクレジットカードの現金化とは何を意味するのでしょうか。

クレジットの現金化とは、商品やサービスを購入する目的でクレジットカードを利用するときに使う「ショッピング枠を利用し現金を入手する行為」のことをいいます。

現金化を行うことを違法行為であるとする法律は、今のところ制定されていません。しかし、後述するようにカード会社の規約に違反していたり、利用した現金化業者が逮捕されたりするというリスクと常に隣り合わせです。

現金化業者が逮捕された事例

現金化を行うことのリスクとして、現金化を斡旋する現金化業者が逮捕された事例をご紹介します。

先ほど現金化は違法ではないとお伝えしたのに、逮捕されるとはどういうことかと疑問に持つ人もいるでしょう。

過去に現金化業者が逮捕されたのは、現金化を行う際に違法行為をしていたからです。

現金化を行うことそのものは違法ではないですが、現金化の手法が違法な場合は当然逮捕されます。

以下にいくつか事例を紹介しますので、見ていきましょう。

商品を送っていない

現金化の主な手法として、キャッシュバック方式というものがあります。

この方式では、まず利用者がクレジットカードを用いて業者指定の商品を購入します。その商品の購入特典として、現金化業者が利用者に現金を振り込むという手法です。

この方式で現金化を行う際に、業者側が購入商品を送らずにキャッシュバックのみをする場合があります。

そうすると、業者側が適切な売買をしていないとみなされ、詐欺罪や横領罪に問われて逮捕されてしまうのです。

貸金業をしていた

他に業者が逮捕される例としては、業者が違法な貸金業をしている場合があります。

現金化業者は商品購入のキャッシュバックや、購入した商品を買い取るという方法で利用者に現金を渡します。

これは売買にあたるので、現金を渡しているといっても貸金業とは明確に異なる行為です。

しかし、購入した商品を送らずに買い取ったことにして現金を振り込む行為は通常の商取引とは言えず貸金業として違法行為をしていたとみなされる可能性が高いです。

一般的には

商品の購入→商品の発送→商品の売却→現金の振り込み

という流れになりますが

商品の購入→商品の売却→現金の振り込み

では、商品の売買は成立していると言えないです。例えば、この方法を用いれば商品価値として100円のポケットティッシュを10万円で買ったことにすることも可能だからです。

この手法による現金化は、通常流通して売買されている商品価値よりも異常にかけ離れた価格で売買する”出資法違反”と、もともと貸金業として営業しているとみなされ”貸金業違反”として摘発される可能性が高いです。

クレジットカードの利用規約には違反する

クレジットカードのショッピング枠を用いた現金化は違法行為ではない、ということはこれまでに述べてきました。

過去に逮捕されてきたのも悪徳な行為をした業者だけで、利用者の逮捕例はありません。

しかし、利用者側にもリスクがあり、最悪の場合にはクレジットカードを強制解約されてしまいます。

多くのクレジットカードの規約では、現金化は違反行為として明記されています。

例えば楽天カード規約の第二章カードショッピング条項には

「9.会員は、現金化を目的として商品・サービス等の購入等にクレジットカードご利用可能枠を利用することはできないものとします。」

とあります。

カード会社の利用規約に同意して契約している以上、規約違反した際に強制解約される可能性があります。

強制解約されると、利用残高の一括返済を求められたり、個人信用情報に傷が付くき今後5年間は新規で借入が出来なくなったりしますので注意が必要です。

クレジットカードの現金化よりキャッシングの方が安い

クレジットカードにはキャッシングと呼ばれる、現金を入手できるサービスが付帯していることが多いです。

現金入手を目的としているキャッシングを利用したほうが、現金化を行うよりも断然利息が低いです。

クレジットカードで10万円を現金化した場合と、キャッシングした場合の利息についてそれぞれ見ていきましょう。

〇クレジットカードの現金化
現金化する際の実質換金率が80%ということを考慮すると、10万円のショッピング枠利用で手元には8万円が残ります。
翌月の引き落とし日までに10万円を用意しなければならないため、利息は2万円です。
〇キャッシング
一方、キャッシングの利息は18%程度のことが多いです。
翌月一括払いの際の利息を計算すると
100,000円×18.0%×31日÷365日=1,528円です。

現金化を行うと2万円だったことを考えると、圧倒的にキャッシングは現金化よりも利息が低いことがわかります。

キャッシングならフクホーへ

もし、気軽にキャッシングしたいのであれば、柔軟な審査対応してくれているフクホーがおすすめです。

・ネットでお申込みから即日ご融資まで可能!
・カード発行不要でお客様の銀行口座に直接お振込!
・ご利用は5万円~ 最高200万円まで!
・インターネットで24時間・365日申込受付中!

クレジットカードの現金化をする前に、ぜひ一度検討してみて下さい。



まとめ

「クレジットカードのショッピング枠を現金化して逮捕された事例」について解説しました

今回のポイントは

・クレジットカードの現金化を規制する法律はない
・クレジットカードの規定には、現金化は違反と明記されている
・クレジットカードの現金化よりキャッシングの方が利息が安い

クレジットカードの現金化は違法ではありませんが、限りなくグレーとなっています。

現状では規制する法律はないものの、クレジットカードの規定では現金化は違反行為であり、今後法律で違反行為として取り締まりが始まる可能性もあります。

いずれにしても、あまりおすすめ出来るキャッシング方法ではないため、お金が必要な方はフクホーなどの正規の貸金業者で借入をすることをおすすめします。

最新情報をチェックしよう!